<< 冠婚葬祭が多くなる年齢 | main | 実験料理…バジルツナスパ >>
蒲田のベトナム料理屋さん
もともとは電車から見つけた、このお店。
会社が日本橋から川崎のちょい先に移ってしまうことになり、
新橋から京浜東北をトコトコと南行した、蒲田近くで
「ベトナム郷土料理の店」という看板が電車に向かって
出ているのを発見した。それって、もう11年まえかあ。

記憶を頼りに蒲田の駅を降りて、同期女子と二人で店を探したなあ。
怪しい通り(パチンコ・風俗系のお店、などなど。「花びら回転サービス」
ってなに?なに?と思ったぞよ)を過ぎて、更にラブホテル立ち並ぶ
通りの手前に見つけた。だけど、電車から見える看板とは違う店の
名前になっている。「ベトナム料理の店 青いパパイヤ」って。

でも場所からすると間違いなさそう、ということでおそるおそる
入ってみた。大学の文化祭の模擬店みたいな中の作り。その当時は
日本語もちょっと通じにくいかんじで、写真入りのメニューを指さして
「これ、とこれ、ね?」なんて注文したっけなあ。
しかし、料理はものすごくうまい!生春巻きも、青いパパイヤの
サラダも、ベトナム風お好み焼きも、炒め物もうんま〜い。

この店は流行る!と思っていた。まず、料理人のおばさまが「ミ・レイさん」
といい、ベトナム料理教室も開いているんだと。ほほぉ。

夜9時を過ぎると近所のベトナム系中国人のようにお見受けする
皆さんが「食堂」よろしく、たのしく特別メニューをおいしく召し上がって
いらっしゃいました。わいわいと。

と思って、数年通っていたらそのうちに「助っ人」っぽい、マーケティング
力に長けたお兄さんが店の経営と店作りなどにかかわるようになってきた。
だんだんと店は変わって行く。前は人様のおうちの食器みたいなので
一部だしていたけど、洗練されていったよ。そうこうするうちに
テレビに紹介されて、今じゃ予約でいっぱいな人気のお店になった。
料理は相変わらずうまい!

今日いただいた「ハスの茎のサラダ」「アサリの生姜炒め」「空芯菜炒め」
「魚の生春巻き」「えび生春巻き」「米粉蒸しにソーセージのせ・野菜添え」
み〜んなタレがうまいし、センス抜群。またかな〜り前に予約していかなくちゃ。
今回はフォーが食べられなかったし。え〜と、告白しますと、上の料理の
他に「揚げバナナ」「バナナぜんざい」を食べました。

いっときますが、女子3人で行きました。私ひとりじゃないよ〜。

お店の名前は「ミ レイ」。だけど、電車側の看板はまだ「ベトナム
郷土料理の店」のまま。いいじゃん、昔のものが少し残っていたって。

だけど、ベトナム語だか中国語だかを話す常連さんはもういなくなっちゃった。
こんなに流行ってしまっては別の時間じゃないと来られないだろうな。

前は前で楽しかったね。
変化もよし、変わらないのもよし。
| 食べ歩き | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.treasurejapan.net/trackback/80936
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH